【上田事業所】第4回みんなでごきげん[保護者サロン](2023年8月)

今回のテーマは「たまには、おいしいものを食べておしゃべりしましょう」でした。
事業所近くの人気のケーキ屋さんで購入しました。
全部種類が違うのでみんなでじゃんけん、一番の人から選びました。

「ごきげんスペースⅡ(仮称)」の開設が決定したこと
上小地域でショートステイ先がないこと
子供さんの成長に伴う心配事などお話しました。

次回は12月、斎藤理学療法士が保護者の皆さんに「介護の負担軽減のためにできること」をお話する予定です。

【長野事業所】川中島マンドリンクラブの演奏(2023年8月)

長野事業所では、新型コロナ感染症の5類引下げ後、ボランティアの皆さんのご来訪を再開しています。
今日は川中島マンドリンクラブの皆さんがお見えになり、素敵な音色を聞かせてくれました。
ありがとうございました。

【長野事業所】南京ぽんぽこ座の皆さんが来てくれました(2023年8月)

花笠音頭、南京玉すだれ、紙芝居、手遊び等々、盛沢山のとっても楽しいひと時でした!!

【長野事業所】エアートランポリン(2023年8月)

ゆらゆらと体が揺れて、友だちと一緒に心地良い感覚を感じました。

【長野事業所】地域ボランティアの方々によるコーラス(2023年8月)

『いい湯だな♪』をはじめ、様々なジャンルの歌をみんなで楽しみました!

【上田事業所】夏休みのお楽しみ(2023年8月)

みんなで作った「焼きそば・たこやき」、みんなの足形で作った「魚釣り」、「フルーツ柄の玉入れ」。
そして「本物のかき氷」、いちご味とメロン味。
にぎやかな音楽と一緒に屋台の雰囲気を楽しみました。

上田市の新事業所の情報はこちらです(2024年1月19日更新)

順調に建築工事が進行中です。(2024年1月17日)

上左の写真の左奥は特殊浴槽が入るスぺ―スです。長野事業所で使用してるミスト式の浴槽です。
上右は活動室です。利用のシーンに応じて、仕切りによって使い分けが可能です。
下左は浴室の拡大です。壁は一面さわらで仕上げてあります。
下右は建物2階の事務室兼休憩室です。

上左は建物を南東から見たところです。新しい事業所は今の事業所の南側になりますが、屋根が傾斜しているので今の事業所の日当たりも良好です。
上右は活動室です。
下左はトイレ、手洗いです。
下右は玄関です。段差なしで、両開きの自動ドアからスムーズな入室が可能です。

上左の写真は、右側が今の事業所へのアプローチ、左側が新しい事業所の入り口です。
上右は今の事業所の玄関(勝手口)です。
下左は建物の南西から見たところです。
下右の写真の右側が現在の事務所、奥に見えている建物が新しい事務所です。

 

 

順調に建築工事が進行中、棟上げから半月経過です。(2023年12月9日)

写真手前が今の事業所の玄関前のスロープ。
赤いコーンの先、右側が新しい事業所の玄関です。
隣接した2棟の建物で、職員の往来も簡単です。

建物の南側から見たところです。
2階が事務室になります。

 

 

新事業所の棟上げが無事終了しました(2023年11月21.22日)

現在の「ごきげんスペースうえだ」の南側に、新しい事業所の建物が組み上がりました。
基礎ができた段階では少し狭いような感じもありましたが、こうして建物の形が実際に姿を現すと、意外とスケールがあります。
上の写真が一日目、下の写真が二日目の様子です。

 

 

新事業所ご案内用のチラシを作成しました(2023年9月13日)

新事業所のチラシを作成しました。いろいろな機会を通じて配布していきます。
現時点では建物は着工前なので完成イメージとなっています。

 

新事業所の予定地はこちらです(2023年8月21日)

上の写真は、現在運営している事業所「ごきげんスペースうえだ」の正面です。
建物左側の水色のドアは勝手口です。
車椅子が乗った車両を横付けできる事業所の入り口は、下の写真の建物左奥となります。
雨に日にも安心な大きな屋根が付いています。
左側の空き地が新事業所を建設する場所です。
真ん中に立派な栗の木があり、美味しい栗がいっぱい取れるのですが、残念ながら伐採となります。
駐車場は、10メートルほど離れた場所に移設となります。
短い工期となりますが、今のところ来年3月完成の予定です。

 

 

上田事業所で「ごきげんスペース(仮称)」を新設が決定しました(2023年8月10日)

昨年から計画してきた上田事業所の新しい事業所「ごきげんスペース(仮称)」の建設が決定しました。
開所は2024年4月の予定です。

松本ぼんぼん(2023年8月)

長野市には「長野びんずる」、松本市には「松本ぼんぼん」、上田市には「上田わっしょい」という市民の夏祭りがあります。
県内の他の市でも同様な祭りがあります。
新型コロナの位置付けが引き下げられてから初めての夏祭りで、参加人数や掛け声の制限もなく、久しぶりにびっくりするような人出でした。
この日の「松本ぼんぼん」の参加は114連、5,700人。歩道は観客で埋まり、歩くのも一苦労でした。
踊り連の最優秀賞は陸上自衛隊松本駐屯地。
たまたま動画を撮影した連でした。

川中島白桃(2023年7月)

桃の産地と言えば、一般的には福島が思い浮かぶかもしれませんが、生産量で言えば山梨県が1位、福島県が2位で、長野県は3位です。
こすもけあ福祉会の事業所の近くには、こんな感じで、歩道沿いに見事な桃がたわわに実っているのですが、桃畑は減少の一途にあります。
法人がこの場所で事業を始めた頃は、花の季節には一面が濃いピンクに彩られたものですが、感覚的には多分、半分くらいの桃の木は伐採されてなくなってしまったように思います。
景色として眺める立場であれば、残念だなぁと他人事になってしますのですが、実際に栽培している皆さんの作業は本当に大変です。
事業所のご近所にも、70歳代、80歳代のご夫婦で桃栽培を行っている家が何軒もありますが、自分たちが農作業が無理になればそこまでで終わり、と立ち話で聞いたことがあります。
長野市川中島地区は、まさにその名前のとおり「川中島白桃」が品種として生まれた場所であり、今も原木となった老木を見学することができます。

TOP